ナチュラルシャンプー > 髪の構造を知っておこう
髪の構造を知っておこう

髪をケアする前に、髪の構造を知っておきましょう。
髪は爪と同じように、皮膚の付属器官で、皮膚の一種です。

髪を断面図にしてみると、真ん中にメジュラ(髄質)、それをとり囲むようにコルテックス(皮質)、さらにその周りにキューティクル(毛表皮)があります。

これから全て約18種類のアミノ酸からできています。

メジュラ(髄質)…毛髪の中心部分。毛によってはないものや、とぎれとぎれになっていることもあります。太い毛髪であればしっかりとしたメジュラがあり、細い毛髪には欠如していることが多いようです。

コルテックス(皮質)…毛髪の中で、一番大切な部分といわれています。この層によって、毛髪が決まります。繊維状になっており、パーマやカラーなどの対象になっているのはこの部分です。

キューティクル(毛表皮)…うろこ状の硬い無色透明の細胞からできています。その縁は毛先のほうにむかって突出し、根本から毛先に向けて、タケノコの皮のように重なっています。外部の刺激から毛髪を保護する働きがあります。

ですので、キューティクルが剥がれてきてしまうと、ダメージが直接髪内部にいきわたってしまい、ダメージヘアとなるわけです。

また、私たちの髪の色は、毛皮質に多く含まれるメラニン色素の量によって決まります。多ければ真っ黒な髪になるし、少なければ、欧米人のように褐色から茶色、金色、灰色にまで明るくなっていきます。更に、メラニンがない場合には、白髪になってしまうのです。

先月度の人気ランキングBEST3
Copyright © 2009 ナチュラルシャンプーの人気通販ランキング . All rights reserved