ナチュラルシャンプー > そのシャンプーは大丈夫?
そのシャンプーは大丈夫?

シャンプーの成分を見てみると、表示指定成分や合成界面活性剤が名を連ねています。

これは、ある大手メーカーのシャンプーの表示例です。

「ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸アンモニウム・ラウリル硫酸アンモニウム・メチルクロロイソチアゾリンオン・メチルイソチアゾリンオン・ジプチルヒドロキトルエン・ラウロイルサルコシンナトリウム・ステアリルアルコール・ベンジルアルコール・セタノール安息香酸塩・エデト酸塩・香料」

これらは、研究の結果、発がん性や皮膚障害の恐れのある成分としてあげられています。

長期間使い続けると、毛が細くなったり、枝毛や切れ毛の原因になります。肌の弱い方だと、皮膚障害を起こすことをあります。最近では、年配の男性だけでなく、若い女性の髪が薄くなっているのをよく見かけます。

また、合成界面活性剤は浸透力が強いため、皮膚に浸透し、発がん性物質などを通してしまうのです。ずっと使い続けることを考えるとこわいですね。目や口に直接入ってしまうことがあるので、更に危険です。

シャンプーやコンディショナーには、「髪にやさしい」とか「ツヤツヤヘアへ」など、様々な売り文句があり、実際に売り文句のような結果になることもあります。

しかし、覚えておいてほしいのは、安価で売られているシャンプーには、必ず毒が入っているということ。

毎日毎日これからずーっと、直接肌に触れるものですから、肌にいいものを使用したいですよね。購入する前に、成分表示をチェックしましょう!

先月度の人気ランキングBEST3
Copyright © 2009 ナチュラルシャンプーの人気通販ランキング . All rights reserved